Top

フォトグラファーパパンさんの「人生不時着気味物語」
by bfik
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
PAPAN LINK
#198 行きは遠いけど帰りは近い件で
みなさんこういう経験はないでしょうか?

「行きは遠かったけど帰りは早い」

距離は一緒なハズなのに、なぜだか帰りは近く感じてしまう。
んーおかしいですね〜

距離は同じなのに帰りだけ早い。
不思議ですね〜


そんな疑問にわたくしパパンは常々頭を悩まされてきました。
特に最近は遠出が非常に多くなりましたので、3割増しぐらいで頭を抱えるようになりました。


しかし、長年の長距離運転のおかげでついにその謎が最近解明されたのです!



その原因とはズバリ…

「ゴール地点の違い!」

なのでした。以上!







え?よく分からない? なるほどなるほど。
つまりですね、「行き」というのは“点”であり、「帰り」というのは“周囲”なのです。以上!







ん?まだシックリこない?
そうですか、わかりました。
それでは図で説明しましょう。


例えば、大阪〜名古屋。
大阪は僕の自宅でいいでしょう。名古屋はとりあえずポートメッセでいいですよもう。

で、地図で示しますとこんな感じですね↓
b0117208_193250.jpg
自宅からポートメッセ。AからBまでその距離およそ160km


もちろんゴール地点はココ↓ B地点ですよね。
つまりこれが先にも言った“点”なのです。
「ゴールはB!」っていうね。「Bだけなの!」ってね。
b0117208_196286.jpg



では、早速帰ってみましょう。
帰りはもちろん…そう、Aですね。のみ込みが早くなりました。Good!Excellent!
b0117208_19144332.jpg


クルマは走ります。
愛知、三重、滋賀、京都…


もう少しで大阪ですがここで質問!
Bに行ったように
「ゴールはA!」「Aだけなの!」って思えてますか?

少し落ち着いて胸に手を当てて考えてみましょう。


すこ〜しAが手前に来てますよね?
「大阪=A!」みたいなかんじで。

まだ着いてもいないのに「帰りは早かったねぇ」とか言っちゃってますよね。
それが「帰り」は“周囲”の真意なのです。
見慣れた土地に入るとゴールした気分になっちゃうんですね。


僕の場合、名古屋から帰ってくる時は大阪に入った時点で「着いたー!」と喜んでました。
ナビが「オオサカニハイリマシタ」と言った時点で“心”が先にゴールしていたのです。


そして気になる“本来のゴール地点”と“心のゴール地点”の距離なんですが、

なんとその差30km!
下の図でいうとBが“心のゴール地点”になります。おそろしや〜
b0117208_19261086.jpg


で、以上のことを踏まえますと、
行きは160km、
帰りは130km、
という結果で、帰りは近いと思えるわけですね。


もちろんこの結果は例に挙げた長距離運転でなくとも同じ比率でしょう。
特に「知らない場所へ行き見慣れた地域に帰る」という場合はこの傾向が明らかなようですね。


はい、貴重な時間を割いていただきありがとうございました。
この世紀の大発見に関して今のところ特許、実用新案等は取得していませんので御自由にお役立てくださいw
[PR]
Top▲ | by bfik | 2010-03-11 20:08 | 【PAPAN view】
<< #199 歯抜け | ページトップ | #197 HONDA CR-Z... >>


フォロー中のブログ
最新のコメント
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"photoblack 3C" Skin
by Animal Skin